海外オーナーの不動産管理

海外オーナーの不動産管理

海外の投資家が日本の不動産を持っているというのがあたりまえになってきました。生活をしていると気づきづらいものですが、実際には、オフィスビルや分譲マンションも、実際の所有者は海外の投資家だったりしているのです。

こうなると、不動産のオーナーが、自分で不動産を管理しない、というのが常識になってきます。管理人さんが大家さん、というような姿は、一昔前のものになってしまったようです。

こういった投資家としての不動産のオーナーは、自分が住むために不動産を買うわけではありません。不動産の管理をするというのは、委託先にお願いすることになります。

なので、いろいろなマンションやビルについて入居を考えるときに、不動産管理会社が使われているかどうか、というのも、チェックしてみると面白いかもしれません。そういった会社が不動産の入居や管理の対応をしている場合には、実際の持ち主は海外の投資家だったりすることもあるのです。

不動産の売買契約のチェックポイント

不動産を売却したいと思っていましたが、不動産を売却する場合には、売買契約書を作成して取り交わすということでした。

しかしながら、不動産を売却するのは、初めてであったので、不動産の売買契約では、どのようなことをチェックすればよいのか調べてみました。

その結果、宅地建物取引業法では、不動産の売買契約を行なう場合には、不動産会社に対して、契約が成立した時点で、契約内容を記載した書面を交付することを義務づけているということでした。

また、売買契約書で確認すべき主なポイントは、売買物件の表示、売買代金、手付金等の額、支払日、所有権の移転と引き渡し時期、土地の実測及び土地代金の精算などの確認ということでした。

また、疑問点があれば、完全理解して納得できるまで不動産会社に確認することが必要ということでした。


町田市の葬儀を承ります

Blog

Calendar